スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネコマタ騒動・完結編

ss20110116_192628.jpg


「う~ん、これはどうしたものか・・・」
「あら、夏じゃないの。どうしたのご神体の前で悩んで」
「あ、銀さん・・・ってなんですその後ろに居るのは!」
「ネコマタよ。それがどうかしたの?」
「いや、実は私もネコマタに憑かれちゃってて、どうやって祓えばいいのかわかんないんですよ・・・」
「たしか「こころのかけら」を使えば、私なんかより上の天使が居る場所に、転送されるはずなんだけど…運よく1個あったし、あげるわ。ま、祓うか一緒に過ごすかは、夏の自由よ。」


そして―――。

ss20110116_194214.jpg

「ネコ魂をおもう気持ちが、君たちに奇跡を起こしたんだ。大事にするんだよ。」
「はい!ありがとうございます!」
「やっぱり、祓うのやめた!懐かれてるのに祓ったりしたらかわいそうに思えてきたもん!」

・・・こうして、お姉ちゃんはネコマタと一緒に過ごすこと決めました。
スポンサーサイト

おばけ!? いや、「ネコ魂」!?

雪です。

夏お姉ちゃんがネコマタに憑かれたので、
それの一部始終を話したいと思います。

ご飯中

「ふぅ、やっぱりここのサンドイッチはおいしいよね!」
「そうだね。お姉ちゃん」

そう話しつつ、お姉ちゃんが包みを捨てに行くと―――。

「うわぁっ!?」
「どうしたのお姉ちゃん!?」

なんか出た!!

「ご、ご、ごみ箱からなんか出た!!」
「なにかって?何もいないよ?」
「あれ?おっかしーなぁ・・・」

数日後、ギルド元宮の廊下で、
        異変は起こりました―――。


肩が重い・・・

「う~ん、風邪とかひいた覚えはないんだけどなぁ・・・」
「どうしたの?」
「いやね。なんかここ数日、風邪もひいてないのに
寒気とか、肩が重~く感じるのよ・・・」


お姉ちゃんがそう言った瞬間、何かが


ぼ~…


っと目に映った気がした。
「あれ?」
「どうしたの?」

目の錯覚かな。
もう居ない。

続きを読む

お正月の出会い(?)

雪です。
今回は目立ったことがないため、少し手抜き気味になってます。


お正月ということもあって、アクロニア平原にはこたつが置いてあります。
体は冷えますが、足はほかほかです。

お正月・雪
「はふー・・・あったかいねえ、お姉ちゃん」

お正月・夏
「そうだねぇ…やっぱり冬はこたつに限るね」

(・・・幸せだな。あたし、お姉ちゃんと過ごしてる、何気ないこんな時が一番幸せ・・・)

そう思いながら、お姉ちゃんの顔を眺めてると―――。

「あら、夏枝ちゃんじゃない。どうしたの?」
遠くから声がします。

「あ、レーティスさん!」

「また会ったわね。あれ?その子は話に聞く妹さん?」
首をかしげつつ、私について訊いてきます。

「はい!妹の雪です!」
少し焦りながらお姉ちゃんが応対していると、こたつから抜けて、お姉ちゃんが私に向かって言う。

会話   挨拶

「紹介が遅れたね!このタイタニアさんはレーティスさん。 最近知り合ったドルイドさんで、雪のことも教えてあるよ!」
「はじめまして。雪ちゃん」
レーティスさんが挨拶してくる。
私もこたつを抜けて、レーティスさんに挨拶をした。
「い、妹の雪です!ふ、ふつつかものですがよろしくお願いします!」
「焦らなくていいの。こちらこそよろしくね。」

初仕事~お姉ちゃんと行く初討伐クエスト~

雪です。

今週は「初めてのお買いものと初めてのクエスト」をお伝えします。

#2 はじめての遠出とお仕事

まずはお仕事の前にお買いものです。
ダウンタウンの装備屋さんに弓と槍と買いに行きましたが・・・。

お買いもの

「お兄さん、ありがとう!」
丁度いい弓が手に入って、ボクが喜んでるのもつかの間―――

姉さん落ち着いて・・・

「ちょっと!槍はなんで無いワケ!」
お姉ちゃんは槍がないことにぷんぷんです・・・

「えっと・・・や、槍はイストー岬で売ってるから、そこに向かってくれないかい?」
装備屋のお兄さんもお姉ちゃんの気迫にたじたじです・・・

そして10分後。

外の世界へ

「雪ちゃん!初めての遠出、頑張ろうね!」
「う、うん!頑張ろうね!」

そうして、なんだかんだでイストー岬に到着し、槍を購入。
アクロポリスに戻ってお仕事を請けます。

おしごと

「じゃあよろしく頼むよ!」
酒屋のご主人がボクらを見送ります。

クローラーやプルルはもうお手の物。
さくさくと討伐して、戻ります。

おしごと

「お疲れ様!十分いい結果だよ!」
「やったね雪ちゃん!初仕事、大成功だよ!いやっほーぅ!!」
そういうと、お姉ちゃんは飛ぶように外へ出て行っちゃいます。

ありがとうございました!

「あ…あの、ありがとうございました!」
ぺこっと頭を下げて、ボクもお姉ちゃんの背中を追いかけていく―――。


続きを読む

プロフィール

黒姫

Author:黒姫
黒姫姉妹のまったりとしたECOライフです~。
ゲームブログランキングに参加してみました~

ECO・攻略ブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。